日本語

Home > ニュース > カネロがチャイニーズ・シアターで手形のセレモニー
ニュース

2021年3月23日 火曜日

カネロがチャイニーズ・シアターで手形のセレモニー

 S・ミドル級のWBAスーパー&WBC統一王者で4階級制覇王者のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に新たな勲章が加わった。ボクシング関係の話題ではないが、米ロサンゼルス・ハリウッドの「チャイニーズ・シアター」で手形を残すセレモニーが20日行われた。ボクシングシーン・ドットコムなどのメディアやスペイン語テレビが報じた。

 これまで著名俳優や女優、歌手が行ってきたセレモニー、スポーツ選手では昨年事故死したバスケットボールのコビー・ブライアント氏らが栄誉に浴している。カネロは「今の気持ちを表現する言葉が見つからない。メキシコ人としてここにいることに誇りを感じる。これは信じられない出来事」と喜びを表現。カネロは足形も残した。

 コロナ禍のため、参加者は少なかったが、カネロと交流があるラテン系の芸能人らが彼を祝福した。ハリウッドスターの仲間入りを果たしたカネロは「これまで話したように168ポンド(S・ミドル級)のタイトルを統一する」とアピール。5月8日のWBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英)との一戦に向けて決意を新たにした。Photo by BoxingScene.com

Related

関連記事