日本語

Home > ニュース > 7.9ロサンゼルス 天海ツナミ&藤岡奈穂子が海外防衛戦
ニュース

2021年5月28日 金曜日

7.9ロサンゼルス 天海ツナミ&藤岡奈穂子が海外防衛戦

 WBO女子世界L・フライ級チャンピオンの天海ツナミ(山木)が7月9日、ロサンゼルスで地元のWBA女子世界ミニマム級王者セニエラ・エストラーダ(米)と4度目防衛戦を行う運びとなった。会場はロサンゼルスのダウンタウンにあるバンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム。27日、主催のゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)が伝えた。

アメリカ防衛戦が決まった天海と藤岡

 同日のメインでは元WBO・S・ミドル級王者でL・ヘビー級で王者を目指すヒルベルト・ラミレス(メキシコ)がサリバン・バレラ(キューバ)と12回戦。ジョセフ・ディアス(米)vs.ハビエル・フォルトゥーナ(ドミニカ共和国)のWBCライト級暫定王座決定戦も組まれている。

 ツナミ(28勝16KO12敗1分)は4月に大阪・堺市で行ったV3戦に続く試合。海外リング登場が多いツナミだが、米国リングは初登場となる。相手のエストラーダ(20勝8KO無敗)はツナミより8歳年少の28歳。3月、テキサス州でアナベル・オルティス(メキシコ)に勝って王座獲得。2階級制覇を狙う。昨年、相手が格下とはいえ、初回7秒KO勝ちを飾り、女子試合の最短KOタイムとなった。

 GBPは同じイベントで、女子5階級制覇のWBAフライ級チャンピオン藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)がメキシコのサンフェル・プロモーションにサポートされるスレム・ウルビナ(メキシコ)と防衛戦を行うことも発表した。

Related

関連記事