日本語

Home > ニュース > 村田諒太の元パートナー、アリアスが元世界王者ハードから金星

WOWOWエキサイトマッチ

ニュース

2021年6月8日 火曜日

村田諒太の元パートナー、アリアスが元世界王者ハードから金星

 6日(日本時間7日)米マイアミのハードロック・スタジアムで行われたミドル級10回戦で、ルイス・アリアス(米)が元IBF世界S・ウェルター級王者ジャレット・ハード(米)に判定勝ち。WBAミドル級スーパー王者、村田諒太(帝拳)のスパーリングパートナーを務めたアリアスが金星をゲットした。

アリアス(左)は序盤から積極的だった

 アリアスが来日したのは2019年6月のこと。ロブ・ブラント(米)に王座を奪われた村田が7月の再戦に勝利するために、アメリカから呼び寄せたパートナーだった。パートナーとはいえ、このときのランキングはWBCミドル級8位。アリアスのサポートもあり、村田はブラントから王座を取り返した。

 試合は、スピードが武器のアリアスが手数とコンビネーションでポイントを獲得し、ハードが徐々にエンジンをふかすという展開。アリアスは最後までよく手を出し、9回にスリップ気味にひざをついたシーンがダウンとされる不運もありながら、97-93、96-93(アリアス)、95-94(ハード)で逃げ切った。

19年に来日したアリアスと村田

 アリアスは17年11月に元ミドル級世界王者ダニエル・ジェイコブス(米)に敗れてキャリア初黒星を喫すると、ここから続く2試合も引き分けと黒星。キャリア最大の壁にぶつかり、引退の瀬戸際まで追い込まれた。ここから日本でもよく知られるキューバ人コーチ、イスマエル・サラス氏に師事してキャリアの立て直しを図った。

 アリアスは試合後、「私は今ここにいる。決してあきらめなかった。(当時は)みんな私のところへ来て、仕事を探せ、もうボクシングはやめろと言ったんだ。そして今、元世界王者を倒した。みんなも決してあきらめないでほしい」と不屈の精神を強調した。

勝ち名乗りを受けて雄叫びを上げるアリアス

 試合を振り返っては、「彼に飛びついて序盤にリードし、それをキープすることが狙いだった。中盤、私は勝っていると感じたけど確信はなかった。この試合で私はAサイドではなかったからね。私は特にインサイドで彼を苦しめたと思う。154ポンド(S・ウェルター級)で戦っていたら彼はノックアウトされていたんじゃないかな」と語った。

 ハードはS・ウェルター級でWBAとWBOの3位、IBFは4位、WBCは7位にランクされており、アリアスが世界ランキングに復帰するのは確実だ。村田とともに汗を流したアリアスが一気にS・ウェルター級のトップ戦線へと駆け上がった。Photos from Amanda Westcott/SHOWTIME

Related

関連記事