June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元世界王者の亀田和毅が新ジム移籍発表会見 井上尚弥の名前挙げ「一番強い相手と戦いたい」

元世界王者の亀田和毅が新ジム移籍発表会見 井上尚弥の名前挙げ「一番強い相手と戦いたい」

2022年4月23日 0時20分

 元世界2階級王者でWBA・S・バンタム級3位の亀田和毅(29)が新しく移籍した兵庫県西宮市今津水波町2-2、TRY BOX平成西山ジムで会見を行った。

ジム移籍で心機一転の亀田和毅

 メキシコ、米国で戦っていた亀田3兄弟の末弟、和毅は長男興毅が立ち上げた大阪市西成区の3150(サイコー)ジムに所属、2戦したが、「15歳で単身メキシコに渡った当時と同じ思いで兄や家族と離れて私自身の力で現役最後のラストチャンスにかけ、私自身の力でどこまでいけるかチャレンジしたい」と3150ジムを離れていた。

 TRY BOXジムは3150ジムで和毅のトレーナーを務めていた西山一志会長(44)が阪神電車今津駅向かいのアルファライフ今津ビル4階に開設、プロ加盟して4月1日にオープンしたばかり。西山会長はエディタウンゼントジムに所属、引退後、レフェリーを務めたことがあり、真正ジムでトレーナー経験を積んだ経歴の持ち主。新ジム設立が進み、和毅を全面的にバックアップすることになった。

 会見で和毅は「今まで海外で試合をしてきて日本でしっかり試合をしたことがない。メキシコ、アメリカでそれなりの試合はできたと思うので、最後は日本で大きな試合をして応援していただいている方々の目の前で戦いたい気持ちが大きくなった」と国内を主戦場にする決意を語った。

「2回王者になっているので、次に王者となって満足するのではなく、3歳からやってきたボクシングを悔いがないように全力でやるだけです」と意気込みを示し、以前から対戦を希望している井上尚弥(大橋)の名前をあげ、「一番強い相手と戦いたい。そのためにはタイトルを獲って井上選手がS・バンタム級に階級を上げてきたときに戦えたら、最高に盛り上がる」とビッグプランを口にした。和毅は08年11月デビューで38勝20KO3敗。

Related article
関連記事