日本語

Home > ニュース > あすフェザー級実力者対決 世界に近づくのは“3度目の正直”ゴンサレスか、2階級制覇狙うドグボエか
ニュース

2022年7月23日 土曜日

あすフェザー級実力者対決 世界に近づくのは“3度目の正直”ゴンサレスか、2階級制覇狙うドグボエか

 米ミネソタ州ヒンクリーで23日に開催されるトップランク興行の計量が22日行われ、メインのWBOインターナショナル・フェザー級タイトルマッチは、王者ジョエト・ゴンサレス(米)が125.6ポンド(56.97キロ)、挑戦者のアイザック・ドグボエ(ガーナ)が125.8ポンド(57.06キロ)で合格した。

ゴンサレス(左)とドグボエ、かなりの身長差だ

 28歳のゴンサレス(25勝15KO2敗)は19年にシャクール・スティーブンソン(米=現WBC&WBO・S・フェザー級王者)、21年10月にエマヌエル・ナバレッテ(メキシコ=現WBOフェザー級王者)に敗れており、3度目の世界挑戦を狙っている。世界ランキングはWBO1位、WBC3位。

 27歳のドグボエ(23勝15KO2敗)は18年12月、2度防衛したWBO・S・バンタム級王座をナバレッテに奪われ、ダイレクトリマッチでも黒星。クラスを上げて2階級制覇を狙っている。世界ランキングはWBO2位、WBC5位。

 WBCはこの試合は次期挑戦者決定戦とアナウンスしている。この試合の勝者はWBC王者レイ・バルガス(メキシコ)か、WBO王者ナバレッテへの挑戦に前進すると見られる。Photo by Mikey Williams / TopRank

Related

関連記事