日本語

Home > ニュース > 井岡一翔が対戦熱望 IBF・S・フライ級王座 マルティネスとアンカハスが10.8直接再戦か
ニュース

2022年7月23日 土曜日

井岡一翔が対戦熱望 IBF・S・フライ級王座 マルティネスとアンカハスが10.8直接再戦か

 IBF・S・フライ級王者フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)と前王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン=写真)のダイレクトリマッチが10月8日、ロサンゼルスで開催が有力となった。ESPNデポルテスがレポートし、米国のメディアが伝えた。

 両者は今年2月26日ラスベガスで対戦。予想有利だったアンカハスにマルティネスが前半から仕掛けリード。大差の判定勝利を飾り、アンカハスの10度目の防衛を阻止した。試合後、減量苦を訴えるアンカハスはバンタム級進出を表明したが翻意。マルティネスとのリマッチが具体化した。

 2月の初戦の前、アンカハスはWBO王者の井岡一翔(志成)との統一戦が既定路線だった。今月ドニー・ニエテス(フィリピン)との指名試合をクリアした井岡は次戦で統一戦実現を希望しており、マルティネスvs.アンカハス2の結果が注目される。

 試合は第1戦同様、PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と有料チャンネル「ショータイム」の主催で行われる見込みだ。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事