日本語

Home > ニュース > エストラーダが年内のロマゴン第3戦アピール WBCフライ級1位アヤラ快勝のイベントで
ニュース

2022年7月24日 日曜日

エストラーダが年内のロマゴン第3戦アピール WBCフライ級1位アヤラ快勝のイベントで

 23日(日本時間24日)メキシコシティのTVアステカのスタジオで行われたイベントのメインにWBCフライ級1位アンヘル・アヤラ(メキシコ)が出場。同国のミゲル・アンヘル・エレラと10回戦を行った。

 4月、元WBCフライ級王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に12回判定勝ちで1位に座った新鋭アヤラが右2発でダメージを与え左右で追撃。エレラの左マブタをカットさせたアヤラが右を命中させるとレフェリーストップとなった。TKOタイムは初回1分19秒。

 プロモーターのフェルナンド・ベルトラン氏から祝福された“カメレオン”ことアヤラ(22)は15勝7KO無敗。延期されたフリオ・セサール・マルティネスvs.マックウィリアムズ・アローヨ再戦の勝者へ挑戦を目指す。エレラ(27)は22勝8KO5敗5分。

 会場では8月予定の復帰戦に向けて高地キャンプを実行中のWBC・S・フライ級フランチャイズ王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が観戦。試合の合間のテレビインタビューで「11月か12月にチョコラティート(ローマン・ゴンサレス)との第3戦を望んでいる。場所はアメリカ、ロサンゼルスあたり」と語り、宿敵との決着戦をファンにアピールした。

Related

関連記事