日本語

Home > ニュース > 力石政法が一撃4回TKO勝ち 東洋太平洋S・フェザー級V1で「強い世界ランカーと」対戦希望
ニュース

2022年8月15日 月曜日

力石政法が一撃4回TKO勝ち 東洋太平洋S・フェザー級V1で「強い世界ランカーと」対戦希望

 14日エディオンアリーナ大阪の興行のセミで行われた東洋太平洋S・フェザー級タイトル戦は、チャンピオンの力石政法(緑)が同級15位のトムジュン・マングバット(フィリピン)に4回2分45秒TKO勝ちし、5月に獲得したばかりの王座の初防衛に成功した。

力石は4回にアッパーで試合を終わらせた

 サウスポーのチャンピオンは、4歳若い挑戦者(24歳)に立ち上がりから的確な右ジャブを決め、優勢裡に試合を運んだ。試合前に新型コロナに感染したこともあり、コンディションは必ずしもよくはなかったといが、そんな不安は一切みせない。

3回からさらにギアアップし、4回の打ち合いでタイミングよく左アッパーを打ち込むと、マングバットは後ろ向きにキャンバスに落下する強烈なダウン。主審はノーカウントで試合を止めた。勝った力石はフィニッシュのアッパーについて「手ごたえはありました」ときっぱり。練習していて狙っていたパンチだったことを明かした。

さらなる飛躍が期待される力石

 試合は亀田興毅氏がプロモーター・ライセンスを取得して初興行として行われたが、この階級での世界挑戦が容易ではないことを自覚している力石は、「興毅会長の力で世界を経験したい」「強い世界ランカーと早く試合を組んでほい」と期待のコメント。

 その上で会場のファンに向かって「必ず世界獲るんで、応援よろしくお願いします」と呼びかけていた。勝った力石はこれで13戦12勝7KO1敗。敗者マングバットは15勝12KO2敗。

Related

関連記事