日本語

Home > ニュース > 3階級制覇のホルヘ・リナレスが12.11に再起戦 ロシアでアマサリャンと対戦
ニュース

2022年11月20日 日曜日

3階級制覇のホルヘ・リナレスが12.11に再起戦 ロシアでアマサリャンと対戦

 3階級制覇のホルヘ・リナレス(帝拳)が12月11日にロシア・エカテリンブルクのRCCボクシング・アカデミーでジョーラ・アマサリャン(アルメニア)と対戦することになった。主催のRCCボクシングプロモーションが明らかにした。試合はライト級ノンタイトル10回戦の見込み。

リナレスがロシアで55戦目のリング

 フェザー~ライト級で世界王座を奪取しているリナレスはこれがプロ55戦目(47勝29KO7敗)。昨年5月にデビン・ヘイニー(米)のWBCライト級王座に挑み判定負けした後、今年2月に今回と同じエカテリンブルクでザウル・アブドゥラエフ(ロシア)と対戦し、逆転の最終12回TKO負けを喫した。

 55戦目の相手となるアマサリャン(26歳)は12勝9KO3敗2分のオーソドックス。元WBOユース・ライト級王者で、リナレスの最新の相手アブドゥラエフと昨年3月に戦い、10回判定負けを喫している。再起後は2連続TKO勝ち中。

 試合に備えてリナレスはラスベガスから日本に戻り、帝拳ジムで仕上げにかかっている。

Related

関連記事