June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級王者候補全KOオルティス スタニオニス手術でWBA世界戦延期

ウェルター級王者候補全KOオルティス スタニオニス手術でWBA世界戦延期

2023年1月9日 9時04分

 3月18日に米ダラスで予定されていたWBAウェルター級“レギュラー”王者エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)と無敗の王者候補バージル・オルティス(米=写真)のタイトルマッチが延期となった。スタニオニスが急性虫垂炎を患った。ESPNなどが伝えている。

 それによるとスタニオニスは試合に向けてトレーニングを積んでいたが、痛みを感じて診察を受けたところ急性虫垂炎と判明。6日に虫垂切除の手術を受け翌日に退院した。スタニオニスはツイッターで2、3週間はトレーングを休まなければいけないと明かした。

 スタニオニスのプロモーター、リチャード・シェーファー氏はオルティスのプロモーターであるゴールデンボーイプロモーションズ(GBP)と話し合い、4月後半に再スケジュールする方針だと語っている。

 WBAウェルター級はエロール・スペンスJr(米)がスーパー王者に君臨している。スペンスが昨年4月、3団体統一戦を行う間に、スタニオニス(14勝9KO無敗)がラジャブ・ブタエフ(ロシア)を下してレギュラー王座を獲得した。

 デビューから19戦全KO勝利のオルティスはGBP擁するスター候補。病気で戦線を離脱したが、昨年8月に1年ぶりの試合で勝利を飾った。スタニオニスとの試合は挑戦者ながらAサイドで、今回の試合はスーパースターへのステップと位置づけられている。

Related article
関連記事