July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 女王テイラー 2階級で4団体統一なるか あす地元でS・ライト級王者キャメロンに挑戦

女王テイラー 2階級で4団体統一なるか あす地元でS・ライト級王者キャメロンに挑戦

2023年5月20日 11時05分

 明日アイルランド・ダブリンの3アリーナで挙行される女子の2つのタイトルマッチの計量が19日行われた。メインのS・ライト級4団体統一戦は統一チャンピオンのシャンテル・キャメロン(英)、挑戦者で現在ライト級の4団体統一チャンピオンのケイティ・テイラー(アイルランド)とも139.7ポンド(63.37キロ)をマーク。リミットの140ポンドに合格した。

テイラー(左)とキャメロン

 今回、挑戦者としてリングに上がるテイラー(22勝6KO無敗=36)は2017年にライト級王座を獲得し、その後19年に全ベルトを統一。一度、WBO・S・ライト級チャンピオンにも就いている。

 昨年4月、ニューヨークでアマンダ・セラノ(プエルトリコ/米=現女子フェザー級4団体統一チャンピオン)との歴史的なビッグイベントを実現させ、明日は地元で自身2つ目の比類なきチャンピオンを目指す。

 統一王座の初防衛戦となるキャメロン(17勝8KO無敗=32)はWBC、続いてIBF・S・ライト級王座を吸収した後、昨年11月、女子ウェルター級4団体統一チャンピオンのジェシカ・マッキャスキル(米)を下して空位だったWBOとWBA王座を獲得。女子ボクシングのトップ、テイラーの地元でどれだけ健闘するか注目される。

 同じリングで女子WBA・S・ウェルター級チャンピオンのテリー・ハーパー(英)が元女子ウェルター級4団体統一チャンピオンのセシリア・ブレークフス(ノルウェー)を迎えて防衛戦。ハーパーは150.48キロ(68.41キロ)、2階級制覇を目指すブレークフスは153.8ポンド(69.76キロ)でリミットの154ポンドをクリアした。Photo by Mark Robinson / Matchroom

Related article
関連記事