July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

35°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カネロに敗れたチャーロ弟 再びS・ウェルター級へ チューとの4団体統一戦なるか

カネロに敗れたチャーロ弟 再びS・ウェルター級へ チューとの4団体統一戦なるか

2023年10月4日 9時08分

 9月30日にS・ミドル級4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に敗れてジャーメル・チャーロ(米)が再び3団体王座を保持するS・ウェルター級を主戦場とする――。

試合を終え、カネロとハイタッチを交わすチャーロ

 チャーロは会見で「私は計画に従い、だれとでも戦うだけだ」と話し、「私はおそらく154ポンド(S・ウェルター級)に戻る。次にティム・チューが来るというなら、その試合をやる」と現在の思いを明かした。

 チャーロとWBO指名挑戦者だったチューは今年1月に対戦予定だったが、チャーロのけがにより試合は延期となった。この間にチューがWBO暫定王座に就き、仕切り直しで両者が激突するとみられたが、チャーロはいきなり2階級上げてスーパースター、カネロとのビッグマッチを選択した。

 これを受けてWBOはチャーロの王座をはく奪し、チューを正規王者に昇格させた。チャーロはWBA、WBC、IBF王座を保持したままで、もしチュー戦がスムーズに実現すれば4団体統一戦となる。はたして実現するのか。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事