July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBOフェザー級王者ラミレス あすエスピノサとV2戦

WBOフェザー級王者ラミレス あすエスピノサとV2戦

2023年12月9日 11時51分

 あす9日(日本時間10日)、米フロリダ州ペンブロークパインズで開催されるトップランク興行の計量が8日行われた。メインのフェザー級タイトルマッチは、王者ロベイシー・ラミレス(キューバ)が125.6ポンド(56.97キロ)、挑戦者10位ラファエル・エスピノサ(メキシコ)は125.3ポンド(56.83キロ)で合格した。

王者ラミレス(左)と挑戦者エスピノサ

 五輪2大会連続金メダリストのラミレス(13勝8KO1敗)は7月、東京・有明アリーナで清水聡(大橋)を下して初防衛に成功。今回が2度目の防衛戦となる。将来、S・バンタム級2団体統一王者の井上尚弥(大橋)と対戦することも期待されている。

 エスピノサ(21勝18KO無敗)は世界初挑戦。予想はラミレスが大きくリードしていおり、長身のエスピノサはアップセットを狙う。

スター候補ザヤス(左)はホルテアと対戦

 同じリングには次代のスター候補、ザンダー・ザヤス(プエルトリコ=17勝11KO無敗)が登場。16歳でトップランクと契約した21歳の天才はホルヘ・ホルテア(スペイン=24勝9KO3敗1分)とS・ウェルター級10回戦を行う。Photos by Mikey Williams/Top Rank

Related article
関連記事