July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ビボルあすサウジで防衛戦 ベテルビエフとのL・ヘビー級4団体統一戦目指す

ビボルあすサウジで防衛戦 ベテルビエフとのL・ヘビー級4団体統一戦目指す

2023年12月23日 12時11分

 あす23日(日本時間24日)サウジアラビア・リャドのキングダム・アリーナでWBA・L・ヘビー級タイトルマッチが開催される。前日計量でスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)が174.6ポンド(79.19キロ)、挑戦者リンドン・アーサー(英)が174.2ポンド(79.01キロ)で合格した。

王者ビボル(左)と挑戦者アーサー

 昨年5月、スーパースターのカネロ・アルバレス(メキシコ)の挑戦を退けて注目を集めたビボルは同年11月のヒルベルト・ラミレス(メキシコ)戦以来、およそ1年2カ月ぶりの試合となる。ESPNの取材に対し、ビボルは「1月にアメリカで試合をする話があったが相手が見つからず、右手の古傷で出ジュも必要になった。しあkし今回のサウジのチャンスが巡ってきた」と話している。

 ビボルは3団体統一王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)との4団体統一戦を希望。「私はそれが実現すると信じている。私のゴールである比類なきチャンピオンになるためにこの試合に勝ち、前に進まなければならない」と高いモチベーションで今回の試合を迎える。

 暫定王座を含めてこれが13度目の防衛戦を迎えるビボルは21勝11KO無敗の33歳。メジャータイトル初挑戦のアーサーは23勝16KO1敗の32歳。アップセットを狙う。

 19戦すべてKO勝ちのベテルビエフは1月13日、カナダのケベックシティで元WBA・S・ミドル級王者カラム・スミス(英)と防衛戦を行う。Photo by Mark Robinson / Matchroom

Related article
関連記事