July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > ベナビデス強打不発もWBC・L・ヘビー級暫定王者に アダメス、プエリョのドミニカ勢が勝つ

ベナビデス強打不発もWBC・L・ヘビー級暫定王者に アダメス、プエリョのドミニカ勢が勝つ

2024年6月16日 16時50分

 ジェルボンテ・デービスvs.フランク・マーティンのリングで行われたWBC・L・ヘビー級暫定王座決定戦は、同級デビューとなったWBC・S・ミドル級暫定王者デビッド・ベナビデス(米)が元WBC・L・ヘビー級王者オレクサンドル・ゴズディク(ポーランド)に3-0判定勝ち。今後、S・ミドル級とL・ヘビー級の動向を見据えながらキャリアを進めると明かした。

フルラウンド判定勝ちのベナビデス(左)

 初回、右を上下にヒットしたベナビデスが徐々にペースアップ。断続的にヒットを奪い、どこでスパートするかという展開になる。後手に回るゴズディクだが、ディフェンス勘がよく、連打につなげさせない。それでも左フック、右ボディーを浴びせるベナビデスが中盤まで攻防をコントロールする。

 ようやく9回、右を返して反撃するゴズディクは10回にもやや疲れの見えるベナビデスに食い下がったが、11回、腹を攻めて追い込んだベナビデスが116-112、117-111、119-109のスコアでベルトを獲得した。L・ヘビー級が適正階級と思われたベナビデスだがメキシカンモンスターにも“階級の壁”があったのか。左マブタが腫れていた。29勝24KO無敗。ゴズディクは20勝16KO2敗。

アダメス(右)はベルトを守った

 同じリングのWBCミドル級タイトルマッチは、暫定王者から正規王者にシフトしたカルロス・アダメス(ドミニカ共和国)がテレル・ガウシャ(米)に3-0判定勝ちで防衛。スコアは119-109に118-110×2。アダメスは24勝18KO1敗。ガウシャは25勝12KO4敗1分。

プエリョ(左)はラッセルからサプライズ勝利

 また、WBC・S・ライト級暫定王座決定戦は、元同級WBA王者アルベルト・プエリョ(ドミニカ共和国)がプロスペクトの一人、ゲーリー・アントゥアン・ラッセル(米)に2-1判定勝ちでサプライズ戴冠。スコアはジャッジ1人が118-109と大差でラッセルを支持したが、他の2者は115-112、114-113でプエリョ。サウスポー対決は9回、ホールディングでプエリョは減点1を科されていた。プエリョは23勝10KO無敗。初黒星のラッセルは17勝17KO1敗。Photos by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了