July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元極東ジム会長三平勇氏逝く

元極東ジム会長三平勇氏逝く

2012年11月14日 12時53分

 極東ボクシングジム(東京・新宿区)の元会長、三平(みつひら)勇さんが11日午前、肺炎のため東京都内の病院で息を引き取った。享年77歳だった。
 三平さんは東京都出身。かつて業界有力ジムだった極東ジムに入門し、フライ級で活躍。引退後は小高伊和夫会長に仕え、トレーナーとして世界王者沼田義明をサポートしたこともあった。また極東ジムがメキシコにルートを開き、ジョー・メデルはじめ多数の強豪が来日した際には、付き人のように世話役を務めた。
 自身もメキシコのボクシングに影響を受け、小高会長亡き後ジムの看板を受け継いで極東ジムを開いてからは、メキシカン・スタイルを教えるのを売り物にした。しかし約20年前に脳梗塞で倒れ、以来長期の闘病を続けていた。
 三平氏の葬儀は、15日午後6時から通夜が、16日午前11時から告別式がいずれも東京・葛飾の四ツ木斎場で営まれる。四ツ木斎場は東京都葛飾区白鳥2-9-1
(☎03-3601-0424
Related article
関連記事