June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 離日のピーターがインドネシアで復帰戦

離日のピーターがインドネシアで復帰戦

2011年3月26日 9時02分


 元OPBFヘビー級王者のオケロ・ビーター(ウガンダ=38)が11ヵ月ぶりに復帰戦のリングに上がる。4月17日インドネシアのジャカルタで行われるクリス・ジョン-ダウド・ヨルダンのWBA世界フェザー級タイトルマッチの前座で、アレックス・リーパイ(豪)との12回戦が決まっている。暫定ではあるものの、リーパイの持つWBO東洋と空位のWBOアフリカの両タイトルが懸けられている。リーパイは現在OPBFでは1位にランクされる選手。
 ピーターは名古屋の緑ジムに所属していた2006年にロシアでWBC世界ヘビー級王者オレグ・マスカエフに挑戦したが判定負け。以後約3年のブランクの後復帰し、昨年5月大阪のリングで6回判定勝ちしたのが最新の試合。現在は緑ジムとの契約も切れ、今回のリーパイ戦は最近韓国在住のマッチメーカー、ロレン・グッドマン氏がマネジャーとなって決まった第一戦。ピーターは現在ウガンダでトレーニングしている。

Related article
関連記事