日本語

Home > ニュース > 李と下田も調整順調 
ニュース

2011年1月29日 土曜日

李と下田も調整順調 

 内山-三浦戦に続き行われたWBA・S・バンタム級戦の予備検診。こちらも両雄に特に異常は見られず、調整は順調のようだ。
 今回が初防衛戦のチャンピオン、李冽理(横浜光)は「前戦以上の結果です。いい試合ができそう」とはっきりとした口調。それまでのフェザー級から体重を下げて挑み、見事な試合を披露したプーンサワット戦を引き合いに出して答えた。もっとも体重は前回よりも落ちにくかったようだが、「筋力がついたのかとも思っている」という。「パンチ力が上がり、リーチを生かしたテクニックも上達していると感じています」と話した。
 その李が「胸囲がすごい」と印象を語った下田昭文(帝拳)は、初の世界戦を前に「叩き上げの自分もここまで来たんだ、とワクワクしています」とコメント。李の印象は特にないというものの「あぁ世界チャンピオンだ。これに勝ったら俺は世界チャンピオンだ、と思った」と感慨を言いあらわした。当然、練習に裏付けられた自信もあり「(前戦の)8月の試合とは違う。それを信じてベルトを帝拳ジムに持って帰りたい」と意気込んだ。体格面については「自分がひと回り大きいかな。でもボクシングは体でやるもんじゃないから」と語った。
 両者の検診結果は以下のとおり。
       李        下田
身長    174センチ     171.2センチ
頸周    36センチ     35.5センチ
胸囲    86.5センチ    93.5センチ
胸厚    21.5センチ    22センチ
視力    左1.0右1.0    左1.0右1.0
リーチ   173センチ     169.4センチ
血圧    145/85      123/93
脈拍    64         75
体温    36.5        36.6

Related

関連記事