日本語

Home > ニュース > 地元中国早くも金2個 アジア大会決勝初日
ニュース

2010年11月25日 木曜日

地元中国早くも金2個 アジア大会決勝初日

 第16回アジア競技大会(中国・広州)のボクシングは25日夜仏山体育館で男子5階級、女子1階級の決勝戦が行われ、開催国の中国が早くも金2個を獲得。明日残りの7試合中4試合でどれだけ積み増しできるか?
 前日の準決勝戦で日本選手を破ったフィリピンの2選手は中国を相手に接戦を展開した。52級で須佐を制したサルダールはチャンに初回1-2で取られたものの、2回の攻勢で9-3と逆転。最終3回はチャンに反撃され3-6と取られ、辛くも13-11で制した。一方女子51kgで新本に完勝したアルバニアは、女子の世界王者レンと対戦。後半に反撃も及ばず、5-7でポイント負けし銀メダルに甘んじた。
 決勝の結果は下記の通り--。
・女子
51kg級 レン・カンカン(中国)判定7-5 アニー・アルバニア(比)  
・男子
52kg級 レイ・サルダール(比)判定13-11 チャン・ヨン(中国)
60kg級 クリシャン・ビカス(インド)判定5-4 フー・キン(中国)
69kg級 セリク・サピエフ(カザフスタン)判定9-3 U・ラフモノフ(ウズベキスタン)
81kg級 E・ラズロフ(ウズベキスタン)判定10-4 D・クマール(インド)
91kg超級 ツァン・ジレイ(中国)判定7-5 イワン・ダイチコ(ウズベキスタン)

Related

関連記事