2018年2月3日土曜日

具志堅会長フル回転、目標は県内TV視聴率50%超え

 WBC世界フライ級タイトルマッチがあす4日に迫り、チャンピオン比嘉大吾(白井・具志堅S)の師匠である具志堅用高会長も“戦闘モード”に突入した。

 この日の具志堅会長は精力的だった。まずは計量を終えたフエンテスに沖縄県内で作らせたメキシコ料理のタコスをプレゼント。フエンテスは驚きながらも笑顔で受け取ったので、効果のほどは不明ながら、先制パンチを打ち込んだ形だ。

 比嘉にはブルーシールのアイスクリームと特製のすっぽんスープを用意した。アイスクリームは「37年前(計量が終わって)食べたかったのに、食べられなかった。食べていたら20回くらい防衛してたね」とのことで、これには比嘉も大喜びだ。

 すっぽんのスープは37年前、具志堅会長のために作った県内の料理人が、今回は比嘉のために同じレシピで差し入れたもの。さらに同会長は夕食用に県内屈指のステーキハウスをおさえ、比嘉のバックアップに全力投球している。

「あの悔しさを繰り返さない」

「37年前」とは言うまでもなく、具志堅会長が初めて地元沖縄で世界タイトルマッチを行い、ペドロ・フローレス(メキシコ)に敗れ、14度目の防衛に失敗した試合を指す。「あの悔しさを繰り返さないようにしないとね」という気持ちが今回の行動の原動力だ。

 具志堅会長の熱い思いを受け、あすは沖縄出身の歴代王者たちが会場の沖縄県立武道館に「渡嘉敷以外は全部くる」とのこと。県内のテレビ視聴率50%以上を目標に掲げる沖縄の英雄は「みんな飲みに行かないで、うちでテレビを見てほしいね!」と県民に“大号令”をかけて締めくくった。