July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイウェザー×カネロ 9.14決定 両陣営が明言

メイウェザー×カネロ 9.14決定 両陣営が明言

2013年5月30日 17時26分

 青天のへきれきというか、今もっとも実現が待たれていたカード、フロイド“マネー”メイウェザー(米)×サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が9月14日、ラスベガスのMGMグランドで挙行される運びとなった。両者の間で問題となっていたウェイト設定はスーパーウェルター級2ポンドアンダーの152ポンドに落ち着き、カネロの持つWBA&WBC・S・ウェルター級王座とメイウェザーが所有する同級WBA“スーパー”王座が争われる。

 
カネロを指名したメイウェザー

 ビッグニュースを最初に発信したのはメイウェザー。米国時間の29日夜、自身のツイッターで「9月14日の対戦者をチョイスした。それはファンが一番望んでいるカネロ・アルバレス」と綴った。メイウェザーのツイートは以前メディアを惑わせたが、今回は早速、カネロを擁するGBPのリチャード・シェーファーCEOがフォロー。「152ポンド契約のスーパーウェルター級戦。リング誌王座と合わせ、4つのベルトがかけられる」と主要メディアに伝達した。

 一方、メイウェザー・プロモーションのレオナード・エレーベCEOも「フロイドは本当にエキサイトしている。これは彼が熱望していたファイト。現状で実現可能な、ファンへの最高の試合だ」と太鼓判を押す。

 
大一番を迎えたメキシコの若きスター、カネロ

 メイウェザー戦をゲットしたカネロは「いまはとても幸せな気分。私はメイウェザーを倒す最初の選手になる」とコメント。36歳のメイウェザーは44勝26KO無敗。22歳のカネロ42勝30KO1分。新旧スーパースターの対決は、2013年最大のビッグマッチとなる。

Related article
関連記事