April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > JOC杯は田中空と入江聖奈が獲得 アマ高校選抜決勝

JOC杯は田中空と入江聖奈が獲得 アマ高校選抜決勝

2018年3月23日 19時22分

 アマチュアボクシングの第29回全国高校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップの決勝戦が23日宮崎市総合体育館で行われ、男子8階級、女子3階級の選抜チャンピオンが誕生した。

田中(右)は高橋に競り勝って優勝

 高校1、2年生を対象としたこの大会、注目のL・ウェルター級田中空(神奈川・武相)は技巧派サウスポー高橋麗斗(千葉・湘南)のカウンター戦法に手こずらされたもののパワーで制し3-2判定勝ち。この大会最高賞に相当する「JOCジュニアオリンピックカップ」を受賞した。女子の同賞はライト級の入江聖奈(米子西)に授けられた。

 選抜2連覇を含む高校4冠を達成したL・ウェルター級宇佐美正パトリック(大阪・興国)は「最優秀選手賞」、同じく女子で選抜連覇達成の奈須海咲(宮崎・日章学園)は「会長賞」を獲得した。

 他に「技能賞」はL・フライ級政所椋との接戦を3-2判定で制した田中将吾(大阪・浪速)が、「敢闘賞」はフライ級の穴口一輝(兵庫・芦屋学園)が選ばれた。穴口の決勝戦は相手の体重オーバー失格による不戦勝だった。

女子は入江(右)がJOC杯に輝いた

◇女子
P級 奈須海咲(宮崎・日章学園)5-0判定 貞松優華(佐賀・高志館)

F級 木下鈴花(鳥取・米子南)5-0 判定 古賀舞琴(佐賀・高志館)

L級 入江聖奈(鳥取・米子西)RSC 3R 堤本凛(大阪・浪速)

◇男子
P級 平野拓真(大阪・浪速)4-1判定 坂本俊輔(青森・青森工業)

LF級 田中将吾(大阪・浪速)3-2判定 政所 椋(奈良・王寺工業)

F級 穴口一輝(兵庫・芦屋学園)不戦 野上翔(佐賀・杵島商業)

B級 西岡伶英(埼玉・花咲徳栄)3-2判定 松尾将輝(福岡・東福岡)

L級 染谷将敬(東京・駿台学園)5-0判定 古川龍之介(青森・青森工業)

LW級 田中空(神奈川・武相)3-2判定 高橋麗斗(千葉・沼南)

W級 宇佐美正パトリック(大阪・興国)4-1判定 須永大護(東京・駿台学園)

M級 野上昴生(長崎・鹿町興行)5-0判定 時吉樹(宮崎・日章学園)

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了