日本語

Home > ニュース > メキシコで2021年のイベント開始 
S・ウェルター級オカンポが初回KO勝ち
ニュース

2021年1月17日 日曜日

メキシコで2021年のイベント開始 
S・ウェルター級オカンポが初回KO勝ち

 メキシコ大手プロモーションのサンフェルが16日(日本時間17日)ティファナで今年第1弾のイベントを開催。同地のグランドホテルで行われたカードのメインでWBO・S・ウェルター級11位カルロス・オカンポ(メキシコ)が同国のアブラハム・フアレスに初回1分19秒TKO勝ちを収めた。イベントは無観客で行われた。

オカンポ(左)はS・ウェルター級で世界挑戦を狙う

 18年にIBFウェルター級王者エロール・スペンス(米)に挑戦して初回KO負けしたオカンポはスペンス戦から6戦目。S・ウェルター級10回戦は、左右で効かせたオカンポが一気に畳みかけコーナーに詰める。前のめりに倒れたフアレスは起き上がったがレフェリーは続行を許さなかった。

 6連勝のオカンポ(25)は29勝19KO1敗。S・ウェルター級で2度目の世界挑戦を希望している。敗れたフアレス(24)は17勝6KO7敗。

 セミ格のウェルター級8回戦は、ホルヘ“チノ”ガルシア(メキシコ)が地元期待のホセ・ベルナルド・ロサノに3-0判定勝ち。ガルシアは19勝16KO2敗。ロサノは8勝8KO1敗。Phoro / Zanfer Promotions

Related

関連記事