日本語

Home > ニュース > OPBF王者の清水聡、世界ランカーの平岡アンディ 大橋ジム勢が丹沢合宿
ニュース

2021年1月25日 月曜日

OPBF王者の清水聡、世界ランカーの平岡アンディ 大橋ジム勢が丹沢合宿

 OPBFフェザー級チャンピオンの清水聡、IBF・S・ライト級12位の平岡アンディら大橋ジム勢が25日から28日の日程で、神奈川県丹沢で走り込みのキャンプに入った。

 合宿に参加したのは清水、平岡のほか日本バンタム級4位の中嶋一輝、日本フライ級8位の桑原拓、元K-1王者で3月11日にデビュー戦が決まった武居由樹、デビューして2戦の18歳、内田勇心の面々。E&Jカシアスジムの内藤未来も合流した。

合宿を先導するのは元3階級制覇王者の八重樫東トレーナーと平岡の父、ジャスティス・トレーナー。両トレーナーの指導のもと、各選手は丹沢の坂道でダッシュ、長距離走を繰り返す。

 ロンドン五輪銅メダリストの清水は5月13日、WBOアジアパシフィック・フェザー級王者の森武蔵(薬師寺)と2冠をかけて統一戦を行う予定。アメリカのリングでも活躍する平岡は3月11日、メインイベントで日本S・ライト級15位の木村文祐(JM・加古川)とノンタイトル8回戦を行う。桑原も平岡と同じ日に湊義生(JM・加古川)との試合を控えている。写真提供=大橋ジム

Related

関連記事