日本語

Home > ニュース > 山内涼太が貫禄の7回TKO勝ち WBOアジア・フライ級V1で世界に一歩前進
ニュース

2021年6月24日 木曜日

山内涼太が貫禄の7回TKO勝ち WBOアジア・フライ級V1で世界に一歩前進

 WBOアジアパシフィック・フライ級タイトルマッチが24日、後楽園ホール「SLUGFEST」のメインイベントで行われ、王者の山内涼太(角海老宝石)が挑戦者5位の中山祐太(一力)に7回1分29秒TKO勝ち。初防衛に成功した。

3度のダウンを奪ってTKO勝ちの山内

 WBA2位を筆頭に3団体で世界ランク入りしている山内と、これが移籍初戦、1年半ぶりの試合でタイトルマッチのチャンスをつかんだ中山。ジャブの差し合いに終始した初回を追え、先に動いたのは中山だった。ジャブから近づくと右アッパーを織り交ぜたコンビネーションで山内に迫る。しかし挑戦者が勝利への意欲を見せたと思った矢先、山内がボディ打ちで中山を下がらせ、右ストレートで早くもダウンを奪った。

 3回以降は中山がひるまず攻め、山内が冷静に対処する展開。山内はジャブを当て、ブロッキングで中山にヒットを許さないのだが、少し余裕を持ちすぎか。中山はリズム良く手数を出して山内に迫る。4、5回は山内これに応じて打ち合い、5回終了間際に山内が左フックでダウンを追加した。

 中山はよく粘ったもののパンチ力の差は歴然としていた。7回、中山にダメージを与えると、最後は左フックで中山が3度目のダウンとなり、ストップとなった。

 WBA2位、WBO7位、IBF11位にランクされる山内は終始冷静に戦い、力の差を見せつけた。戦績は8勝7KO1敗。中山は8勝5KO4敗1分。

山内の話「左を練習していて左はよく当たったけど、そこから何もできなかった。いつもよりはムキにならなかったと思う。(同門の鈴木雅弘、福永亮次がタイトル戦で勝利していて)自分がコケるわけにはいかなかった。世界? まだまだゴーサインは出ないですね」

阿部トレーナーの話「1ラウンドでジャブの距離感はバッチリだったけどそこからつなげられない。井上選手や井岡選手との違いはそこ。そこが修正できれば世界ランカーらしくなると思う。でも今日はいつもよりも良かった。安心して見ていられた。フィジカルやパンチ力は世界でも通用すると思うので、もうちょっと冷静に、考えるボクシングができたらいいと思う」

廣本は7回にダウンを奪って勝利

◇S・フライ級8回戦
廣本彩刀(角海老宝石)[TKO7回2分41秒]矢島大樹(松田)
 日本S・フライ級10位の廣本は距離をキープしながらジャブで試合を組み立てた。初回から左フックを断続的にヒット。ガードを下げず、防御の意識も高かった。矢島は3回に巻き返しに出たが、終了間際に廣本の右カウンターが決まって矢島のヒザが折れた。

 廣本はその後もジャブを軸にスマートなボクシングで主導権を握り、5回には矢島をコーナーに追い込んで連打を見舞う。7回、廣本が矢島をコーナーに押し込んで右でダウンを奪うと、再開後に再び右で矢島をキャンバスに転がすとストップとなった。廣本は4勝2KO。3連敗の矢島は9勝4KO10敗3分。

池側(右)はコツコツとパンチを当ててポイントを獲得した

◇フェザー級6回戦
池側純(角海老宝石)[3-0(60-54×2、59-55)]二瓶竜弥(DANGAN郡山)
 1月にB級デビューした大商大出身の池側がプロ2戦目。サウスポーの池側は右に回りながら二瓶のアタックをいなし、コツコツとパンチを当てるボクシング。二瓶は右ストレートを上下に狙っていき、後半はプレスを強めたものの池側を最後までつかまえられなかった。池側は2勝。二瓶は5勝1KO2敗1分。

◇バンタム級4回戦
小川将太(UNITED)[TKO2回1分3秒]中西寛多郎(角海老宝石)
 2020年全日本新人王で日本バンタム級13位の中西に対し、小川は積極的に打って出た。小川は2回、ボディ打ちから上につなげて、左フックをクリーンヒット。中西がキャンバスに手を突くダウンとなった。再開後、小川がラッシュし、中西が棒立ちになったところでストップとなった。小川は殊勲の勝利で4勝3KO3敗1分。中西は3勝1敗1分。

Related

関連記事