日本語

Home > ニュース > 元王者セルヒオ・マルティネス復帰3戦目飾る 元ヘビー級王者ボウが10.2出場取りやめ
ニュース

2021年9月26日 日曜日

元王者セルヒオ・マルティネス復帰3戦目飾る 元ヘビー級王者ボウが10.2出場取りやめ

■元WBCミドル級王者セルヒオ・マルティネス(アルゼンチン=写真)が25日(日本時間26日)スペインのマドリードで世界挑戦歴があるブライアン・ローズ(英)と10回戦を行い3-0判定勝ち。スコアは97-93×2,96-94。昨年8月に再起したマルティネス(46)は12月の試合に続き3連勝で53勝30KO3敗2分。スペインに居住しキャリアを進める。

■ジョシュアvs.ウシクのカードで前WBA・S・ミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)に痛烈な2回KO負けを喫し経過が心配されたレニン・カスティーヨ(ドミニカ共和国=33)は幸い容態が回復し周囲を安心させた。カスティーヨはスミスの右をテンプルのあたりにもらってダウン。左脚が痙攣を起こすショッキングなシーンのあと担架で会場を去り入院した。

■10月2日マイアミのPPV中継カードでリングに上がる予定だった元ヘビー級王者リディック・ボウ(米)が出場を取り止めた。理由はかつてのライバル、元ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(米)が先月、元総合格闘技の選手との試合で初回ストップ負けしたことが影響したと伝えられる。ボウ(53)は元NBA(バスケットボール)の選手と対戦予定だった。

Related

関連記事