日本語

Home > ニュース > 元世界王者“炎の男”輪島功一さん孫、磯谷大心が初回TKO勝ちデビュー
ニュース

2021年10月14日 木曜日

元世界王者“炎の男”輪島功一さん孫、磯谷大心が初回TKO勝ちデビュー

 元世界J・ミドル級王者の輪島功一さんの孫、磯谷大心(輪島功一S)が14日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」でプロデビュー。68.5キロ契約4回戦で羽賀彬光(DANGAN越谷)に1回1分23秒TKO勝ち。デビュー戦を飾った。

磯谷は初回にダウンを奪った

 20歳の磯谷は輪島さんがリングサイドで見守る中、元日本ランカーの父和広トレーナー、輪島さんの息子である大千会長とともに入場。ゴングが鳴ると182センチの長身を生かしてジャブから入り、同じく長身の35歳羽賀のジャブを浴びる場面もあった。しかし接近戦で左フックを決めると羽賀がグラリ。右を追撃してダウンを奪った。

 フラつきながら立ち上がった羽賀に対し、磯谷がラッシュしたところで主審が試合をストップ。試合後、磯谷は「勝ててほっとしています。緊張しました、ジャブを打ったけど距離が近くなってしまった」と語り、和広トレーナーは「動きが硬いしヒヤヒヤした」と辛口の評価。それでお磯谷は笑顔を絶やさず、「世界チャンピオンになりたい気持ちはある。近い目標で来年のウェルター級新人王に出たい」と目を輝かせた。

輪島名誉会長と磯谷

 試合後は輪島さんも記者会見に合流した。「ごく自然に攻めるところは攻める、相手が攻めてきたらよけて打つ。そういう意味で今日は良かったんじゃないか」と孫の初陣を評価。将来については「一段ずつ登っていくこと」と話した。

Related

関連記事