May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 三浦が公開練習「左で決める」 4.8トリプル世界戦

三浦が公開練習「左で決める」 4.8トリプル世界戦

2013年3月29日 15時05分

 
左から浜田代表、三浦、葛西トレーナー

 4月8日のトリプル世界戦で、WBC世界S・フェザー級王者ガマリエル・ディアス(メキシコ)に挑戦する13位の三浦隆司(帝拳)が29日、都内のジムで公開練習を行った。三浦、浜田剛史代表、葛西裕一トレーナーが出席した記者会見の主な内容は以下の通り。

─練習で意識したことは?
三浦「左ストレートを打ったあとのバランス。あとはディフェンスを意識して練習した。スパーリングは120ラウンド。今回は2度目の挑戦ですが、前回の経験は生きていると思います」

─ディアスについては?
三浦「バランスがいい。気持ちも強い。強いチャンピオンだと思う。得意の左ストレートをいかにあてるか。そこがポイントだと思う」

─試合のポイントは?
浜田「ディアスはキャリアのある選手。同じサウスポーの粟生に勝っている。ボクシングをやったら相手のほうが上でしょう。三浦は得意な馬力で持っていくこと。今回の練習で馬力は一段とパワーアップしています」

葛西「持ち味の左ストレートに関しては、三浦は当てるタイミングを持っている選手。そこにいくまでの形をどう作るかがポイント。右の強化、右のスタミナの強化、ボディ打ちとトータルで練習してきた。最後は左が当たると思います」

 
フィリピン人パートナーに左を打ち込む三浦(右)
Related article
関連記事