April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 前S・ライト級2団体統一王者ラミレス 再起戦で元2階級制覇ペドラサに勝利

前S・ライト級2団体統一王者ラミレス 再起戦で元2階級制覇ペドラサに勝利

2022年3月5日 16時34分

 前WBC&WBO・S・ライト級王者のホセ・カルロス・ラミレス(米)が4日(日本時間5日)、米フレズノのセーブマート・アリーナで元2階級制覇王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)に12回判定勝ち。スコアは116-112×3。

 29歳のラミレスは昨年5月、ジョシュ・テイラー(英)との4団体統一戦に敗れ、プロ初黒星を喫して以来のリング。キャリアのあるペドラサをしっかり退け、再び世界タイトル獲得に向けてスタートラインに立った。戦績は27勝17KO1敗。

 元IBF・S・フェザー級、元WBOライト級王者の32歳、ペドラサは29勝14KO4敗。WBO6位、WBC10位にランクされているが、3階級制覇をかける世界タイトル戦線から一歩後退となった。

 前座では東京五輪S・ヘビー級銀メダリストの22歳、リチャード・トーレス(米)がプロデビュー戦。ヘビー級6回戦でアレン・メルソン(米)に2回KO勝ちを収めた。

Related article
関連記事