日本語

Home > ニュース > 元フライ級世界王者の木村翔 2年3カ月ぶり復帰戦ドロー「ハングリーさが失われている」
ニュース

2022年5月9日 月曜日

元フライ級世界王者の木村翔 2年3カ月ぶり復帰戦ドロー「ハングリーさが失われている」

 元WBOフライ級チャンピオンの木村翔(花形)が9日、後楽園ホール「DANGAN249」でフライ級8回戦を行い、新鋭の堀川龍(三迫)とドロー。2年3カ月ぶりの試合を勝利で飾れなかった。スコアは77-75で堀川、残る2人が76-76だった。

木村(右)は「やりづらかった」と試合後に語った

 元世界王者の33歳、木村が6年ぶりの後楽園ホールで復帰戦。アマチュア出身の22歳、堀川と拳を交えた。

 金星獲得を狙う堀川が初回から持ち味のスピードを生かしてジャブ、カウンターで木村を攻め、なかなかいい立ち上がり。パワーで上回る木村は2、3回とペースアップ。右ストレート、左ボディを決めてペースを引き寄せていこうとした。

 しかし堀川も強気な姿勢を崩さず、機動力を生かしながら4回には打ち終わりに左フックを決めるなどしっかり手を出して対抗。5回、木村は右ストレートを決めてボディ攻め、左フックで堀川をコーナーに追い込むが、堀川の戦闘意欲が衰えることはなかった。

 それでも6回、木村の攻勢が続くと、ボディを効かされた堀川はさすがに苦しくなってきた。ところが木村は打ち疲れたのか、堀川のボディ打ちが効いたのか、動きが鈍くなってきた。7回は息を吹き返した堀川が優勢。木村は脚が動かない。

 最終回も木村の動きは鈍く、堀川も詰めきれずにフィニッシュ。読み上げられたスコアはドロー。自己採点は「20点か30点」と試合後に口にした木村は19勝12KO3敗3分。判定を聞いた瞬間、キャンバスに大の字になって悔しがった堀川は3勝1KO1敗2分。

熱戦はドローに終わった

 今後を問われた木村は「引退詐欺みたいになっちゃうから…。僕の中では固まっている部分もあるけど」と引退を匂わせる発言。そのあと「ハングリーさを失っているかなと思いますね。今日若い子とやって思いました。そこがどう燃えるかですね」と現在の心境を語った。

 堀川は「練習してきたことは出せた。いい試合で終わりたくなかったので、どんな形でもいいから勝ちたかった。悔しい」とコメントしたが、手応えも感じているようだった。

◇53キロ8回戦
廣本彩刀(角海老宝石)[2-1(77-75×2、75-77)]池上渉(DANGAN郡山)
 身長で劣る池上がスタートから積極的に攻め、初回から距離を詰めて右を打ち込んでいた。初回残り20秒、池上の右スイングが決まり、日本S・フライ級10位の廣本の足がグラつく。池上は攻めたが、廣本はクリンチも駆使してこのピンチを何とかしのいだ。

 2回以降、廣本がアウトボクシングを展開し、池上は前に出て右を思い切り打ち込んでいった。序盤は池上が押し気味だったが、中盤以降は廣本が立て直してジャブと左ボディをヒットして池上に迫った。池上は最後まで前に出たが、わずかに有効打で上回った廣本が接戦をものにした。廣本は5勝2KO1敗。池上は9勝5KO7敗1分。

◇フェザー級6回戦
中塚貴大(JB SPORTS)[引き分け1-0(58-56、57-57×2)]山口成也(厚木ワタナベ)

Related

関連記事