日本語

Home > ニュース > 東洋太平洋S・バンタム級新王者の武居由樹が8月MVP 敢闘賞は日本王座防衛の中川健太
ニュース

2022年9月7日 水曜日

東洋太平洋S・バンタム級新王者の武居由樹が8月MVP 敢闘賞は日本王座防衛の中川健太

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は7日、8月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には元K-1王者でOPBF東洋太平洋・S・バンタム級王座を獲得した武居由樹(大橋)が選ばれた。

武居と八重樫トレーナー

 K-1からボクシングに転向した武居は8月26日、ボクシング5戦目でOPBF・S・バンタム級王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に挑戦。序盤からチャンピオンを圧倒し、3度ダウンを奪って5回TKO勝ちで初タイトルを獲得した。

37歳王者中川

 日本S・フライ級王座に3度ついた中川は同月9日、指名挑戦者の梶颯(帝拳)を迎えた。危なげない試合運びで判定勝ちを収め、初防衛を成功させた。

新鋭賞の藤田

 新鋭賞は日本S・ライト級ランカーの藤田炎村(三迫)が選ばれた。藤田は湯場海樹(ワタナベ)とのホープ対決で、初回にダウンを奪われながら挽回。逆転の4回TKO勝ちが評価された。

Related

関連記事