June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 4.8那須川天心デビュー戦まで2週間あまり キックの神童は何を魅せるのか

4.8那須川天心デビュー戦まで2週間あまり キックの神童は何を魅せるのか

2023年3月22日 13時09分

「Prime Video Presents Live Boxing」の第4弾が4月8日の有明アリーナにて開催される。驚くべきはキックボクシングのスター選手、那須川天心(帝拳)だ。今回はかねて噂に上がっていた那須川のボクシング転向の舞台となるが、寺地拳四朗(BMB)の王座統一戦や井上拓真(大橋)の世界再挑戦も行われる豪華イベントで主役級の扱い。異例ずくめの興行となるのは間違いない。当日はAmazonプライム・ビデオでライブ配信される。《ボクシング・ビート4月号より》

2月のプロテストから

 那須川天心がボクシングファンの目の前で徐々にベールを脱いでいる。

 2月13日にザ・リッツ・カールトン東京で催された『Prime Video Presents Live Boxing』第4弾の発表会見。寺地拳四朗の統一戦、井上拓真の世界再挑戦、佐々木尽-小原佳太のウェルター級決戦に阿部麗也……重要カードが並ぶ中、主役級の扱いを受けたのが那須川だった。

 生配信された会見で、第一声は「ボクシングファンの皆さん、初めまして。那須川天心です」。続けて、「今回の試合はボクシングからの果たし状だと思っているので、しっかりと勝って証明をしたい。尊敬や覚悟をもってボクシングを戦おうと思っています。皆さん、ご注目ください」。

 キックボクシングで功成り名を遂げたスター選手ながら殊勝なあいさつだった。「果たし状」とは大仰な気もするが、異例の注目が集まるボクシング・デビュー戦である。24歳の身にかかる重圧たるや相当なはず。

 その重圧どこ吹く風で、目を輝かせていたのが那須川だった。「やってやるぞ、かますぞという気持ちしかない」とプロボクサー人生のスタートにワクワクしている。キック時代に絶大な知名度、人気を獲得したのは、このポジティブなチャレンジ精神がとくに若い層に支持されたからだ。

デビュー戦から大きな注目を集める那須川

 ボクシングに転向する理由について、那須川はこう言う。「単純に強くなりたい、やはり自分の人生に挑戦し続けたい。それを皆に見てもらって。口だけは簡単なので行動で示して、格闘技だけじゃなく何かに挑戦してくれたらいいなという思いを込めて、体で体現したいなと」(プロテスト合格後の会見)

 ボクシング界に飛び込む自身を「異物」とも表現した。「ボクシングはボクシングしか知らない人が多い印象。それがあるから、いまのボクシング界が保たれてきたと思いますし、そこをいい形ではみ出す人が増えればもっとよくなるんじゃないかと思う」
 とは、なかなか的確な見方ではないか!? 嫌味なくこう話せるのも那須川の魅力か。..

 ボクシング転向が大注目の那須川。記事全文は発売中のボクシング・ビート4月号に掲載しています。

こちらからもご購読できます→https://amzn.to/3J8sYti

Related article
関連記事