2014年1月17日金曜日

ミドル級中川、S・フライ級石田がWBOランク入り

ミドル級中川、S・フライ級石田がWBOランク入り(ボクシングニュース)

中川大資

 WBOの最新1月度ランキングが17日、明らかになった。日本勢ではミドル級の中川大資(帝拳)が13位に入ったほか、S・フライ級の石田匠(井岡)が14位にランクされた。石田はWBAに続くランク入り。

 他にはS・バンタム級の日本チャンピオン大竹秀典(金子)が12位に。S・フェザー級ランカーだった粟生隆寛(帝拳)はライト級10位となった。バンタム級の冨山浩之介(ワタナベ)、ライト級の加藤善孝(角海老宝石)は圏外に消えた。

 WBA世界L・フライ級スーパー王座を返上したローマン・ゴンサレス(ニカラグア)はフライ級2位に、WBAウェルター級タイトルを失ったエイドリアン・ブローナー(米)は同級3位にランクされた。月間最優秀選手にはS・フライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)が選ばれた。