②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2014年2月10日月曜日

和氣がジョビーを一蹴、2回KOでV3

 10日後楽園ホールのメインイベント、OPBF東洋太平洋S・バンタム級タイトルマッチは、王者の和氣慎吾(古口)が挑戦者12位ジョビー・カツマタ(勝又)を2回1分14秒KOで下し、3度目の防衛に成功した。和氣はタイトル獲得から4連続KO勝利。

和氣が余裕のV3達成(ボクシングニュース)

左でジョビーに襲い掛かる和氣(左)

 WBCユースS・フライ級王者のジョビーはやはり小さく、20歳で12戦とキャリアでも面でも和氣に大きく劣った。それでもジョビーは勇敢に前に出たようとしが「倒しにいくつもりだった」という和氣がスタートから主導権を握る。ジョビーは時折ビッグパンチをフルスイングするものの、和氣の圧力に下がらざるを得ない展開だ。

 2回、ジョビーが意地を見せて和氣をコーナーに追い込んだ直後だった。ダッキングしたジョビーに和氣の打ち下ろしの左がヒットするとジョビーがゆっくりと前のめりにダウン。ここは立ち上がり、フィニッシュを狙う和氣と懸命に打ち合ったが、チャンピオンの右フックを食らってバッタリ。10カウントが数えられた。

 今年中の世界挑戦を熱望する和氣は16勝9KO4敗2分。ジョビーは10勝4KO3敗。