0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年4月17日日曜日

スター候補スペンスJr、元王者アルジェリを5回KO

 16日(日本時間17日)ニューヨーク・バークレイズ・センターで挙行されたPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)シリーズのメインのウェルター級10回戦で、トッププロスペクトのエロール・スペンスJr(米=IBF2位、写真)が元WBO世界S・ライト級王者クリス・アルジェリ(米=WBO5位)に5回KO勝ち。デビュー以来の戦績を20勝17KO無敗に伸ばした。

 スター候補が重要なテストをパスした。スタートからボディー攻撃を実行したスペンスJrにアルジェリはガードを固めて対処。しかしスペンスJrは圧力を強め、元王者をロープへ送る。4回、スペンスが左フックを強振するとアルジェリはヒザをつく。ここはサバイバルしたアルジェリだが、5回、左ロングフックを食らいコーナー付近に吹っ飛ぶ。スペンスJrの追撃でロープへ詰まったアルジェリにまたも左を見舞うとニューヨーカーは沈み、主審はノーカウントで試合を止めた。KOタイムは48秒。

 マニー・パッキャオが6度倒しながらフルラウンド戦い、アミール・カーンにも判定勝負を強いたアルジェリ(21勝8KO3敗)に初めてストップ勝ちしたスペンスJrの株は上昇。インタビューで挑戦したいチャンピオンにIBF王者ケル・ブルック(英)と、同じPBC傘下のWBC王者ダニー・ガルシア(米)の名前を挙げた。Photo/BoxingScene.com
ハイライト映像 http://www.premierboxingchampions.com/spence-vs-algieri/videos