2017年7月13日木曜日

OPBFランキング フェザー級の清水聡らランク入り

 OPBFが6月度ランキングを更新した。10月にフェザー級王者ノ・サミュング(韓)への挑戦が決まった清水聡(大橋)が同級11位、元日本、OPBFウェルター級王者の渡部あきのり(角海老宝石)がミドル級11位にランクされるなど、日本勢が多数ランク入りした。

 再ランクも含めてランク入りした選手は、バンタム級12位の中嶋孝文(竹原&畑山)、S・バンタム級13位の久我勇作(ワタナベ)、ミドル級11位の秋山泰幸(ワタナベ)。ライト級にランクされていた内藤律樹(E&Jカシアス)はS・ライト級12位となった。

 ミニマム級は王者の京口紘人(ワタナベ)が23日にIBF世界王座に挑戦するため王座は空位となった。これは、4位の小浦翼(E&Jカシアス)と12位リト・ダンテ(比)による王座決定戦が今月28日に行われることが決まっている。

 フライ級は新王者の中山佳祐(ワタナベ)の名前が今月のランキング表から記載された。S・ライト級はダーラフ・フォレイ(豪)が新王者となっている。