ohashi1

ohashi1

ohashi2

ohashi2

2017年8月13日日曜日

V13戦あと2日、山中「一瞬で決まるかもしれない」

  WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日・島津アリーナ京都)の調印式が13日、京都市内のホテルで催され、チャンピオン山中慎介(帝拳)と1位挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)ともに必勝を宣言した。

 決戦の地京都に入った山中は「さらに気持ちが引き締まりました」と精悍な顔つきで語った。「京都では10度目の防衛戦(対リボリオ・ソリス)、そして今度のV13戦と、大事な試合で戦っています。うれしいし、縁を感じます」。ソリス戦はダウン応酬の末判定勝ちだったが、「記録のかかる試合をKOで飾ることができれば喜んでいただけると思う」とチャンピオンは承知している。

 一方のネリも相変わらず不敵。「国を出てチャンピオンシップを戦うのだから、自分の 戦いをしなければならない」と自身のスタイルを信頼している。つまり「手数を多く、前に出る。1ラウンド目から強い圧力をかけていく」ということだ。

浜田代表「長い試合にならない」

 そんな両者が激突するのだから、あさっての大一番は「長い試合にならない」(浜田剛史・帝拳代表)というスリリングな展開が予想される。山中も「一瞬で決まるかもしれませんので、しっかりと見ておいてほしい」と予告している。

 また山中─ネリ戦のオフィシャルは以下の通り発表された。レフェリー=マイク・グリフィン(カナダ)/ジャッジ=ジョエル・スコビー(カナダ)、デビッド・サザーランド、オレン・シェレンバーガー(ともにアメリカ)。グローブは日本製が使用される。