excite_650x150

excite_650x150

2018年10月8日月曜日

井上尚弥が長男抱いて「ウル」 最高のプレゼント

 WBA世界バンタム級王座の初防衛、並びにWBSS準決勝進出を決めた井上尚弥(大橋)が8日、横浜市内で記者会見を開いて喜びを語った。井上は7日、元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に1分10秒TKO勝ちを収めた。

フィニッシュは「狙って、計算していたパンチだった」

 試合時間が70秒ということで、映像を「50回くらい見た」という井上は「パーフェクトすぎたという感覚。狙って、計算して入ったパンチだった」と前夜のフィニッシュに納得顔。左で外、外を意識させ、内側からジャブを入れて一気に右を叩き込んだシーンを振り返った。

 勝利後に1歳になったばかりの長男明波くんをリングにあげた井上。取材も何もかもが終わった試合後の控え室で、明波くんを抱き上げたときは「ウルッときた」ことも明かした。

「1歳になってパパという認識もある。ああいう形で勝ってリングにあげて、最高の誕生日プレゼントになったと思う」とは完全に父親の顔だ。

ロドリゲスvsマロニーをアメリカに視察へ

 気になる準決勝は来春としか分かっていないが、対戦相手を決めるIBF世界タイトルマッチ、王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)vs挑戦者ジェイソン・マロニー(豪)が20日、米オーランドで行われるため、これを視察に行く予定だ。

 井上は「まだどちかが勝ちあがるか分からない。20日の試合を見てどう感じるか」とまずは相手を見極める考え。また1ラウンドKO?と問われると「KO宣言はしないですよ。次は完封します」と笑顔で答えた。