July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > スペンスとクロフォードが「歴史を作る」 あすウェルター級4団体統一戦ゴング

スペンスとクロフォードが「歴史を作る」 あすウェルター級4団体統一戦ゴング

2023年7月29日 8時54分

 明日29日(日本時間30日)、ラスベガスのT-モバイル・アリーナで挙行されるウェルター級4団体統一タイトルマッチの計量が28日、同アリーナで行われた。IBF&WBC&WBAスーパー統一王者エロール・スペンスJr(米)はリミットの147ポンド(66.68キロ)、WBO王者テレンス・クロフォード(米)は146ポンド3/4(66.56キロ)をマークし合格した。

スペンス(左)とクロフォード

 両者は計量後のフェイスオフで言葉を交わしたが、ののしり合いにはならず、握手をして別れた。2人は「歴史を作ろう。ベターな男が勝つ」と語ったという。クロフォードは「(S・ライト級に続き)2階級で比類なきチャンピオンに就く。自分を信じている」と断言。スペンスは「ビッグショーだ。バナーはスペンスvs.クロフォード。どっちが主役?自分らしく戦う」と言い残した。

 ブックメーカーの賭け率はアメリカ式の表記で、クロフォードが-145、スペンスが+125とおよそ5-4でクロフォードが若干有利と出ている。

 試合の模様はショータイムでPPV中継される。日本では30日午前11時からWOWOWで生中継される。ゲストは村田諒太さん。

Related article
関連記事