July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > スペインのS・ライト級1位 マルティンKO勝ち 王者ヘイニー挑戦を熱望

スペインのS・ライト級1位 マルティンKO勝ち 王者ヘイニー挑戦を熱望

2023年12月17日 9時30分

 イタリアのトリノで16日(日本時間17日)トップランクなどの共同プロモーションで行われたイベントにWBC・S・ライト級1位サンドル・マルティン(スペイン)が出場。モハメド・エル・マルコウチ(ベルギー)に4回2分2秒KO勝ちを飾った。

 米国で4階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)に判定勝ち、現WBO・S・ライト級王者テオフィモ・ロペス(米)に惜敗したマルティン(31歳)。サウスポーから右ジャブを突き長身のマルコウチと対峙。2回、左を叩き込んでベルギー人を倒すと3回にも攻勢をキープ。4回、スペイン人は左で相手を大きくロープへ飛ばすと、チャージしてまた倒し10カウントを聞かせた。

 生後間もない男児を抱きかかえて自ら勝利を祝ったマルティンは42勝15KO3敗。先週WBC・S・ライト級王座を獲得したデビン・ヘイニー(米)へ挑戦を熱望した。マルコウチは29勝12KO4敗。

 メインの12回戦は、地元選手フランチェスコ・グランデリ(イタリア)がステファン・ボダ(ベルギー)に2回2分43秒TKO勝ち。試合は欧州フェザー級王座決定戦とアナウンスされたが、ボックスレクでは欧州フェザー級シルバー王座決定戦となっている。

Related article
関連記事