March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 重岡兄弟の対抗王者コヤソ 圧巻の3回TKO勝ち WBOミニマム級王座V2

重岡兄弟の対抗王者コヤソ 圧巻の3回TKO勝ち WBOミニマム級王座V2

2024年1月28日 15時36分

 27日(日本時間28日)米アリゾナ州フェニックスのフットプリント・センターで行われたWBOミニマム級タイトルマッチは、王者オスカル・コヤソ(プエルトリコ=写真)が挑戦者10位レイネリス・グティエレス(ニカラグア)に3回2分37秒TKO勝ち。昨年メルビン・ジェルサレム(フィリピン)から奪った王座のV2に成功した。

 サウスポーのコヤソが実力差を見せつけてグティエレスを寄せつけなかった。2回から右ジャブ、左ストレートとシャープなパンチを見舞ったプエルトリコ人は3回、目にも止まらぬ右から左のコンビネーションで挑戦者をダウン寸前に追い込む。そして右を見舞うとグティエレスはリング中央にうつ伏せにダイビング。カウント後、またグラつかせたコヤソは一気にチャージ。ニカラグア人がロープを背に乱打に晒されるとレフェリーが割って入った。

 優大(WBC)、銀次朗(IBF)のライバルチャンピオン、重岡兄弟との統一戦が今後期待されるコヤソは9勝7KO無敗。グティエレスは10勝2KO2敗。Photos by Golden Boy / Cris Esqueda

Related article
関連記事