April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級で世界狙う佐々木尽が復帰戦 5.16ノイナイとWBO-AP&東洋太平洋2冠戦

ウェルター級で世界狙う佐々木尽が復帰戦 5.16ノイナイとWBO-AP&東洋太平洋2冠戦

2024年2月21日 16時17分

 左肩を手術して戦線離脱していたWBOアジアパシフィック・ウェルター級王者の佐々木尽(八王子中屋)が5月16日、後楽園ホール「Lemino BOXING フェニックスバトル115」で復帰戦を行う。対戦相手はWBO-AP指名挑戦者ジョー・ノイナイ(フィリピン)で、空位の東洋太平洋王座もかけて対戦することになった。

けがをしたときの状況を説明する佐々木(左)

 佐々木は昨年5月、ラスベガス合宿で右肩を負傷。軽傷と診断されて7月のWBO-AP王座の防衛戦に臨んだが、試合前の練習と試合開始直後に症状が悪化し、パンチが強く打てない状態で星大翔(角海老宝石)に11回TKO勝ちしてベルトを守った。しかし、試合後に左肩腱板断裂と診断されて手術を受けた。

 21日、記者会見した佐々木(16勝15KO1敗1分)は「試合、練習の繰り返しでがむしゃらにやってきたけど、ブランクで考えることを覚えて、視野が広がった」と話し、中屋廣隆トレーナーは「(練習を再開して)びっくりしたのは、シャドーボクシングでスピードがアップしていたこと」と“けがの功名”を強調。現在は「60%くらいの状態」まで回復したという。

 対戦相手のノイナイ(23勝11KO3敗2分)は元WBO-AP・S・フェザー級王者で、日本で坂晃典(仲里)、清水聡(大橋)にTKO勝ちを収め、元世界王者の尾川堅一(帝拳)とは負傷引き分け。22年に王座陥落した後、一気にウェルター級までクラスを上げて4連勝をマークしている。

 佐々木は「左ストレートのスピードはあるけど、S・フェザー級から上げた選手なので、レベルが違うところを見せたい」と意気込んだ。

 ブランクを作りながらも、佐々木の世界ランキングはWBA7位、WBC11位、IBF6位、WBO5位。中屋一生会長は佐々木がウェルター級世界ランカーで最年少(22歳)であると明かした上で、今後は海外で上位選手とスパーリングを重ねて実力を見極めていく方針を示した。佐々木はこれを歓迎しながら、「来年の後半くらいには世界タイトルマッチができれば」とビッグマウスを炸裂させた。

Related article
関連記事