日本語

Home > ニュース > 元2階級世界王者フォレスト、強盗に射殺される
ニュース

2009年7月27日 月曜日

元2階級世界王者フォレスト、強盗に射殺される

 訃報が続くボクシング界にまた悲劇が訪れた。ウェルター級、S・ウェルター級の前2階級制覇世界王者バーノン・フォレスト(米国)が現地時間25日午後11時頃、アトランタで強盗に遭い、射殺される事件が起こった。享年38歳。
 現地の報道によるとフォレストは愛車の最新モデル「ジャガー」を運転してガソリンスタンドに立ち寄ったところ、拳銃を持った2人組の強盗に襲われ、頭や脚に7、8発被弾し、死亡した。地元警察によると、フォレストも護身用の銃を所持していて銃撃戦となり、強盗の一人は重傷を負ったという。カーチェイスがあった模様だが、同乗していたガールフレンドと11歳になる義理の息子は事件の際はスタンド内の店にいて、現場には居合わせていなかった。
 フォレストは92年バルセロナ五輪米国代表からプロ入り。スタイリッシュなボクサーパンチャーで、02年、シェーン・モズリーに勝ってWBA世界ウェルター級王者に。07年、カルルス・バルドミールを下してWBC世界S・ウェルター級王者に就いた。以前から肩や肘の負傷でブランクをつくり、王座返上を余儀なくされていた。8月1日、正規王者セルヒオ・マルティネスに挑む予定もキャンセルせざるを得なかった。

Related

関連記事