July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 三浦の初防衛戦は“デスマッチ”

三浦の初防衛戦は“デスマッチ”

2013年7月24日 19時18分

 メキシコ・カンクンの闘牛場で8月17日(日本時間18日)に行われるWBC世界S・フェザー級タイトルマッチ、チャンピオン三浦隆司(帝拳)×挑戦者セルヒオ・トンプソン(メキシコ)戦のポスターを見てビックリ。キャッチフレーズはなんと“デスマッチ”だ。

現地でお目見えしたポスター

 日本の誇る強打のサウスポー三浦と、勇敢なファイトが売りのメキシカンの中でもとりわけ好戦的なトンプソンの一戦とあって、バチバチの打撃戦は必至。メキシコの主催者も「必ずどちらかが倒れる」という期待を込めてデスマッチというタイトルをつけたのだろう。

 三浦は来る初防衛戦に向けて国内でトレーニングを重ねている。一方のトンプソンはロサンゼルスでアブネル・マレス・チームのサポートを受け特訓中だ。デスマッチを制するのはどちらだろうか。

Related article
関連記事