July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ホプキンス、クイリンらがプレゼンに出席

ホプキンス、クイリンらがプレゼンに出席

2013年10月24日 17時51分

 今週土曜日26日、米アトランティックシティで挙行されるIBF世界L・ヘビー級戦とWBO世界ミドル級戦、そしてヘビー級戦に出場する6選手が、23日午後(日本時間24日)ニューヨーク42番街にあるBB・キング・ブルース・クラブで会見を行った。以下はコメントの抜粋。

KO宣言のホプキンス。右がムラト

バーナード・ホプキンス(IBF・L・ヘビー級王者)「土曜の夜、私は勝つためにリングに登場し、大きなことを成し遂げる。12回フルには戦いたくない。私がKOを狙っていることを信じてくれ。しばらく(KOは)ご無沙汰しているので」

カロ・ムラト(挑戦者)「戦う準備は完了。私はファイトする」

クイリン(左)とロサドは一触即発

ピーター・クイリン(WBOミドル級王者)「ガブリエル・ロサドはもはやアトランティックシティで無敗ではいられなくなる」

ガブリエル・ロサド(挑戦者)「キャンプ中、バーナード・ホプキンスが硬派のボクシングを伝授してくれた」

ワイルダー(左)とファーザ

デオンタイ・ワイルダー(ヘビー級スター候補)「試合から目をそらさないでほしい。なぜなら皆さんは未来の世界ヘビー級チャンピオンを目にするのだから」

ニコライ・ファーザ(ワイルダーの相手)「このチャンスをもらryrうれしい」

 この日は主に映像メディア向けだったため、明日24日は試合地アトランティックシティに場所を移し、各自約20分の割り当てで他のメディアの取材に応じるという。25日の計量は同地シーザーズ・アトランティックシティのロビーで予定される。試合会場はボードウォーク・ホール。Photos/SHOWTIME

Related article
関連記事