September
24
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 1月のMVPは井上拓真 世界ランカー対決制しOPBF王者に 
敢闘賞は日本S・バンタム級新王者の古橋岳也

1月のMVPは井上拓真 世界ランカー対決制しOPBF王者に 
敢闘賞は日本S・バンタム級新王者の古橋岳也

2021年2月12日 15時29分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員は12日、2月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞にはOPBFバンタム級新チャンピオンに輝いた井上拓真(大橋)が選ばれた。

井上拓真

 元WBCバンタム級暫定王者の拓真は1月14日、OPBF王者の栗原慶太(一力)との世界ランカー対決に9回負傷判定勝ち。巧みなボクシングで栗原の強打を封じ、S・フライ級に続くOPBF王座の2階級制覇を成し遂げた。

古橋岳也

 敢闘賞に選ばれたのは日本S・バンタム級王者の古橋岳也(川崎新田)。指名挑戦者の古橋は同22インチ、王者の久我勇作(ワタナベ)の強打に苦しみながらも粘り抜き、最後はボディ攻撃から右をたたき込んで9回TKO勝ち。日本タイトル3度目の正直でベルトを巻いた。

 新鋭賞は花森成吾(JB SPORTS)。花森は28日の8回戦で、日本S・バンタム級7位の水谷直人(KG大和)に4回TKO勝ちし、ランキング入りを確実にした。表彰式はオンラインで行われる予定。

Related article
関連記事