日本語

Home > ニュース > パッキャオ「まだチャレンジ精神を忘れていない」 
WBO王者クロフォードに強気オファー
ニュース

2021年2月16日 火曜日

パッキャオ「まだチャレンジ精神を忘れていない」 
WBO王者クロフォードに強気オファー

 WBAウェルター級スーパー王者から休養王者にシフトしたマニー・パッキャオ(フィリピン=写真)が同級WBO王者テレンス・クロフォード(米)を擁するボブ・アラム・プロモーター(トップランク社)に対戦オファーを送った。フィリピン紙の「デイリー・トリビューン」が報じた。

 それによるとパッキャオの要求額は4000万ドル(約42億円)。クロフォードは1000万ドル(約10億5000万円)。15年のフロイド・メイウェザー戦を除けば、ここ数年の各試合で2000万ドル強のファイトマネーを得ていたと推定されるパッキャオはかなり強気の姿勢に出た。

 パッキアオは同紙のインタビューで「私はタイトルを持っている選手と戦いたい。まだチャレンジ精神を忘れていない」と発言。パッキャオには総合格闘技UFCのスター選手コナー・マクレガー(アイルランド)とのボクシング試合が話題になっていたが、マクレガーが最新試合で敗れたため噂が消滅。一方で最近、ライト級のライアン・ガルシア(米)が対戦を希望するコメントを発している。

 オファーを受けたアラム・プロモーターは昨年からクロフォードvs.パッキアオの実現を画策しているが、交渉は進展しているとは言えないようだ。

 クロフォードはパッキャオ戦を第1オプションに、前WBC王者ショーン・ポーターとの指名試合が通達されている。またS・ウェルター級進出というプランもあるようだ。ちなみにパッキアオがオファーした1000万ドルは実現すればクロフォードのキャリア最高額となる。

Related

関連記事