June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ウェルター級王者候補ティム・チュー あす米国デビューで元五輪代表ガウシャ戦 

S・ウェルター級王者候補ティム・チュー あす米国デビューで元五輪代表ガウシャ戦 

2022年3月26日 10時00分

 二世ボクサー、WBO・S・ウェルター級1位ティム・チュー(豪州)と同級11位テレル・ガウシャ(米)の12回戦が明日26日(日本時間27日)、米国ミネソタ州ミネアポリスで行われる。25日行われた計量でチューは153ポンド1/2(69.63キロ)、ガウシャは153ポンド1/4(69.51キロ)をマーク。リミットの154ポンドに合格した。

注目のチュー(左)と世界挑戦経験もあるガウシャ

 S・ライト級の名チャンピオン、コンスタンチン・チューの長男チューは本人もファンも待望する米国デビュー戦。5月まで延期されたジャーメル・チャーロ(米)vs.ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)の4団体統一戦の勝者に挑戦を望んでおり、ロンドン五輪代表選手で世界挑戦歴があるガウシャに対してどんなパフォーマンスを披露するか注目される。

 セミのライト級超の10回戦は、WBAライト級2位ミシェル・リベラ(ドミニカ共和国)が136ポンド1/2(61.92キロ)、相手のジョセフ・アドルノ(米)が136ポンド3/4(62.03キロ)をマーク。セミセミのS・ライト級超の10回戦は、エルビス・ロドリゲス(ドミニカ共和国)が141ポンド1/4(64.07キロ)、フアン・ホセ・ベラスコ(アルゼンチン)が141ポンド1/2(64.18キロ)を計測した。Photo from Esther Lin/SHOWTIME

Related article
関連記事