June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ライト級のガルシア復帰戦勝利 身長197センチで注目のフンドラがWBC・S・ウェルター級暫定王者に

ライト級のガルシア復帰戦勝利 身長197センチで注目のフンドラがWBC・S・ウェルター級暫定王者に

2022年4月11日 9時54分

 ライト級の有力選手の一人、元WBC暫定王者のライアン・ガルシア(米)が9日(日本時間10日)、米サンアントニオのアラモドームでエマヌエル・タゴエ(ガーナ)に判定勝ち。1年3ヶ月ぶりの復帰戦を飾った。

 ガルシアは昨年7月のハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)戦を精神的な問題で、11月のジョセフ・ディアス(米)戦を手首のけがでキャンセル。インスタグラムのフォロワー878万人を誇るガルシアの復帰戦に、アラモドームには1万5000人の観衆が集まった。

 しかし試合は2回にガルシアがダウンを奪ったものの、その後は山場を作れずに判定勝ち。スコアは119-108×2、118-109ながら、完全復活をアピールするまでにはいたらなかった。初めて12ラウンドを経験したガルシアは22勝18KO。タゴエは32勝15KO2敗。Photo by GBP

暫定王座獲得のフンドラ(右)

 同日ラスベガスで行われたWBC・S・ウェルター級暫定王座決定戦は、身長197センチのセバスチャン・フンドラ(米)が177センチのエリクソン・ルービン(米)に9回終了TKO勝ちした。

 WBCを含め3冠を保持するジャーメル・チャーロ(米)は5月14日、WBO王者ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)と4団体統一戦が組まれている。ドローに終わった昨年7月に続くダイレクトリマッチで、WBCは暫定王座決定戦を承認した。Photo from Esther Lin/SHOWTIME

Related article
関連記事