2014年5月7日水曜日

中谷が初防衛成功、OPBFライト級戦

 7日ボディメーカーコロシアムの大阪ダブル世界タイトル戦の前座、OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチは、チャンピオンの中谷正義(井岡)が挑戦者同級7位の原田門戸(横浜さくら)を3-0判定で下し、初防衛に成功した。スコアは116-112、117-111、118-110。

 今年1月にプロ7戦目でタイトルを獲得した中谷が初防衛戦で元フィリピン同級王者の原田を迎えた。長身の中谷は初回、ジャブとフットワークで距離を取るボクシング。2回に原田がプレスを強めたところにカウンターをヒットさせると、すかさずワンツーからボディブローのコンビネーションで原田を攻め立てた。

 中谷は4回にも足を止めて原田と打撃戦を展開。打ち下ろしの右とボディブローは有効だったが、原田のパンチを食らって両目じりをカットしてしまった。4回までの採点は3者とも39-37で中谷だった。

 中盤の中谷は距離を取って試合をコントロールし、8回を終わって79-73が2者、77-75が1者。これで勝負ありかと思われたが、9回に原田が左フックを叩き込むと、中谷がグロッキーに。原田はダウン寸前の中谷に猛攻を仕掛けたが、中谷はフラフラになりながらも反撃し、原田は千載一遇のチャンスをものにすることができなかった。

 中谷は10回に立て直し、距離を取ってポイントを獲得。最終回は原田を激しく攻め立ててフィニッシュした。勝った中谷は8勝5KOで無敗をキープ。原田は26勝12KO8敗1分。

◇S・フライ級8回戦
石田匠(井岡)[KO2回1分15秒]ブックルック・ゴーナロンサービス(タイ)
 日本S・フライ級3位の石田はジャブで距離を取り、静かな立ち上がりを見せたが、2回いきなり右ストレートから左ボディブローを決めるとブックルックが悶絶。10カウントとなった。

◇54.5kg8回戦
山本隆寛(井岡)[KO3回45秒]ジャカラートレック・ソーワンゲー(タイ)
 OPBFバンタム級3位の山本に対し、ジャカラートは勇敢に勝負に出たが、打ち合いでは山本が一枚上。山本は3回に連打をまとめ、最後は左フックでジャカラートを沈めた。